大和ハウスは軟調、三菱UFJMS証は目標株価を2100円に引き下げ

 大和ハウス工業<1925.T>が軟調。三菱UFJMS証券は13日付リポートで投資判断「アウトパフォーム」を維持、ただし、目標株価を従来の2400円から2100円に引き下げた。
 リポートでは「14年3月期第1四半期は営業利益が前年同期比15%増の287億円と、通期計画(前期比9%増)に対して順調、リフォーム分社化を除く受注も同24%増と通期計画(同3%増)を上回るペース。新規連結・フジタが不採算の手持工事により営業損失も、賃貸住宅、事業施設などが好調。ただし、大手住宅各社に複数の系列REIT(不動産投資信託)を持つ不動産2社を加えた5社のPERを比較した結果、希薄化影響などにより目標株価については引き下げる」としている。

大和ハウスの株価は13時37分現在1749円(▼16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)