日経225日足分析

日経225日足サイクル&エリオット波動分析
底値圏:8/8-8/22
天井圏:8/21-8/29

先週は「今週は、ここから次の8/8-8/21の天井圏に向かって上昇していくはずです。8/8-8/21の間にいったんのピークとなるはずです。(ただし、その前に8/30の安値が切られてしまう場合はその限りではありません)」としましたが、8/30の安値は8/8に下に切ってしまいました。

従ってこれまで使用してきましたサイクルセットを破棄し、新しいサイクルセットに変更しました。添付のチャートでご確認ください。

この新しいサイクルセットによりますと、現在有効な底値圏は8/8-8/22で、天井圏は8/21-8/29となります。
従って、ここから2つの可能性が考えられます。まず、8/8-8/22の底値圏がすでに8/12に終わっているシナリオ。この場合はこのまま次の天井圏にピークを付けるべく続騰していくことになります。

もうひとつは8/22までにもう一回安値を更新するシナリオ(破線)。この場合は、そろそろ下げて8/22までに底打ちするはずです。その後、天井圏に向かって上昇となります。

エリオット波動的には、6/13の底までがa波、その後の7/19までの上げがb波。とすれば、現在はc波の下げの中にあることになります。c波としては、a波の長さとかかる時間との関係から判断するのが必要です。その点では8/12でc波が終了した可能性は低いです。

いずれにせよ、c波の終了の後は、つなぎのx波か、大きな長期的上昇波に移行すると思われますので、ここからの下げがあるとすれば、日本株の買いタイミングとなる
と思われます。