東燃ゼネは13年12月期業績予想を下方修正、石油精製マージンが落ち込む

 東燃ゼネラル石油<5012.T>は14日、2013年12月期連結業績予想の下方修正を発表した。売上高は3兆1000億円を3兆2000億円(前期比14.1%増)に見直したが、営業利益は630億円を520億円(同90.5%増)、純利益は330億円を250億円(同54.4%減)にそれぞれ下方修正した。主に石油精製マージンが落ち込んだことが響いた。年38円の配当は据え置く。
 同日発表された第2四半期(1~6月)の売上高は前年同期比15.7%増の1兆5566億8300万円、営業損益は309億4200万円の黒字(前年同期は144億4900万円の赤字)、純損益は150億4800万円の黒字(同13億6200万円の赤字)だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)