リブセンスが反落、6月中間期経常利益64%増の好決算も材料出尽くし感

 リブセンス<6054.T>が反落。14日の取引終了後、第2四半期累計(1~6月)連結決算を発表しており、売上高21億100万円(前年同期比2.1倍)、経常利益9億3100万円(同64.4%増)と大幅増益を計上したが、この日は材料出尽くし感から売りが先行している。知名度の向上やWebプロモーション効果などを背景に求人情報メディア事業で企業数、ユーザー利用数が順調に拡大し大幅増収となったことに加えて、不動産情報メディア事業での継続的なサイト改善効果が寄与し売上高・利益を押し上げた。
 なお、13年12月期通期業績予想は売上高41億8200万円(前期比84.7%増)、経常利益15億1800万円(同36.4%増)の従来予想を据え置いている。

リブセンスの株価は9時42分現在4505円(▼200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)