田辺三菱は堅調、SMBC日興証は投資判断「1」に引き上げ

 田辺三菱製薬<4508.T>が堅調。SMBC日興証券は14日付リポートで投資判断を従来の「2」から「1」へ、目標株価を1600円から1700円にそれぞれ引き上げた。
 リポートでは「海外製薬大手に導出している多発性硬化症治療薬ジレニアの海外販売の好調や今年4月から米国で発売となった新規糖尿病治療薬Invokanaの順調な立ち上がりなどから、特許料収入の見通しを増額したため業績予想を上方修正、14年3月期通期業績については営業利益700億円から730億円(前期比5.8%増)を見込む」としている。

田辺三菱の株価は9時45分現在1371円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)