ガンホー(3765)、下値不安は解消されず

とりあえず下方の窓まで下落か
小幅続落。軟調な値動きが続いており、下値不安は解消されていない。今は「窓理論」で売りであり、軸も下向きの様子。チャート上での底入れ観も乏しく、下値模索の動きは継続するとみられる。下値メドとして意識されるのは、4/18に空けた窓(52100円-53200円)。短期的には10000円程度の下落余地がある。ただ、軸下向きならば、当然この窓で調整一巡感が出るとは思えない。