KLab(3656)、達成感からのリバウンド相場

売り場を探す局面
8/12に下方の窓(889円-914円)を埋めたことで、強い達成感が漂っている。直近のリバウンド相場は、この達成感から生まれている。ただ、軸は相変わらず下向きのようであり、リバウンド相場は短命に終わるだろう。短期的には上方の窓(1112円-1113円)までの上昇余地があるが、これが限界であろう。売り場を探す局面と言えそうだ。