三菱マが年初来高値、三菱UFJMS証は目標株価を350円に引き上げ

 三菱マテリアル<5711.T>が反発し年初来高値を更新している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は14日付リポートで投資判断「ニュートラル」を維持、目標株価を従来の330円から350円に引き上げた。
 リポートでは「13年第1四半期決算を踏まえ、13年度業績を増額修正(経常利益780億円から830億円)する。引き続き13年度の牽引役は、日米での販売数量と値上げが期待できるセメントと、海外拡販が堅調な加工事業との見方を変えない。既に会社計画経常利益(800億円)水準を市場は織り込んでいると見られ、堅調2事業(セメント、加工事業)に加え3本目の業績ドライバーが見えてくれば株価の更なる上値余地が出てこよう」としている。

三菱マの株価は10時36分現在412円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)