ガンホーは軟調、いちよしはフェアバリューを12万円に引き下げ

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>が軟調。いちよし経済研究所が14日付のリポートで投資判断「A」を継続。ただし、フェアバリューを従来の13万1000円から12万円に引き下げた。
 リポートでは「主力ゲームの『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』において会社側がユーザーの『ガチャの利用』による課金の高額化を予防する動きを強めつつあるとみられ、イベントやコラボなどの実施による増収効果が従来想定を下回ると考えたため、13年12月期通期業績予想について、売上高は従来の2206億円から2015億円に見直す。スマートデバイス購入者の半数がパズドラをダウンロードする動きは続き、当面の業績は対前四半期比で増収増益が続く見通し」としている。

ガンホーの株価は11時30分現在6万4700円(▼1200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)