Jパイルが高い、国土強靭化テーマに追い風意識

 ジャパンパイル<5288.T>が買われ8月8日の戻り高値をクリア。一時22円高の720円まで上値を伸ばし、5月8日の年初来高値749円払拭を視界に捉えてきた。今3月期は同社が主力とするコンクリートパイルの売り上げが中小型物件を中心に当初想定以上に増加、売上高は従来予想の560億円から610億円(前期比16.1%増)に、営業利益は21億円から31億円(同61.9%増)に大幅に上積み、今4~9月期に5円の中間配当を実施することも発表している。7月の参院選で圧勝し求心力の強まった安倍政権のもとで、東日本大震災からの復興およびインフラ老朽化対策や耐震化を骨子とした「国土強靭化」をテーマに収益環境は一段の追い風が吹いている。

Jパイルの株価は11時30分現在707円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)