東京株式(後場寄り付き)=閣僚の法人税率引き下げ否定発言を受け下落幅拡大

 後場寄り付きの東京株式市場は、日経平均株価の下落幅が一段と拡大している。きょう午前の、閣議後の記者会見で、麻生太郎副総理・財務・金融担当相や、菅義偉官房長官が法人実効税率引き下げに否定的な認識を示したことも嫌気されているようだ。
 外国為替市場では、1ドル=97円60銭台とやや円高・ドル安傾向となっている。アジアの主力株式市場は、高安まちまちの展開となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)