UBICが反発、韓国での大規模案件で見直す

 UBIC<2158.T>が反発、底打ちの動きとなってきた。株価は一時、前日比320円高い3740円まで買われている。12日に発表された今14年3月期の第1四半期では連結売上高で7400万円(前年同期比85.1%減)と大幅な減益となったことを嫌気していたが、通期に関しては10億5000万円(前期比14.1%増)~12億4000万円(同34.7%増)の期初予想を変更しておらず、過度な業績への不安感は後退している。今月5日には韓国大手電機メーカーより大規模な翻訳を含むeディスカバリ案件の受注を発表しており、これに対応すべくソウル市江南地区にあるUBIC韓国本社オフィスの増床も進めている。韓国での大規模案件による業績拡大期待は高い。

UBICの株価は13時50分現在3595円(△175円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)