リアルコムがS高カイ気配、14年6月期大幅増収増益見通しを好感

 リアルコム<3856.T>がストップ高カイ気配。14日引け後に発表した連結本決算で、13年6月期が売上高23億300万円(前の期比72.4%増)、営業利益2億500万円(同2.2倍)、純利益1億1600万円(同3.7倍)と大幅増収増益となったのに続き、14年6月期も売上高33億7900万円(前期比46.7%増)、営業利益5億2500万円(同2.6倍)、純利益4億5200万円(同3.9倍)と引き続き大幅増収増益を見込んでいることが好感されている。
 既存事業のIT事業、建機販売事業、太陽光発電事業に加えて、新事業の分譲ソーラー・ソーラーIT事業の寄与を見込んでいる。分譲ソーラー・ソーラーIT部門は、11年に株式交換で完全子会社化したWWB社が施工した太陽光発電施設に、同社のIT技術を用いて発電状況、稼働状況などの監視システムを提供することで新たな収益源するというもの。再生可能エネルギーの固定価格買取制度の継続などで積極的に事業を展開できる環境にあるとして、今後、経営資源を集中させる方針としている。

リアルコムの株価は13時45分現在5万1700円(△7000円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)