トヨタ紡織は軟調、野村証は目標株価を1400円に引き下げ

 トヨタ紡織<3116.T>が軟調。野村証券は14日付のリポートで投資判断「ニュートラル」を維持、ただし、目標株価を従来の1500円から1400円に引き下げた。
 リポートでは「トヨタ向けシート供給を主事業とする同社は、トヨタ向け売上高比率が90%以上とみられ、同社の売上高はトヨタの生産台数との相関が強い。利益面では、日米欧拠点でコスト負担が大きく、収益性が低位にとどまるが、収益性改善施策の進捗が確認できれば更なる評価も可能となろう。北米拠点などで、規模適正化など合理化進展によるコスト低減を進められるかがポイントと考える」としている。

トヨタ紡織の株価は14時19分現在1382円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)