外為:1ドル97円90銭前後での一進一退

 15日の東京外国為替市場で円相場は、午後5時時点で1ドル=97円90~91銭と前日午後5時時点に比べ29銭の円高・ドル安。夕方の欧州時間に入ったが、模様眺め気分は強く、97円90銭前後でのもみ合いが続いている。対ユーロでは1ユーロ=130円11~15銭と同19銭の円高・ユーロ安で推移している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)