「閣僚が法人税減税を否定」

「チャートは強気形状を維持」
 本日の日経平均は297.22円安の13752.94円で取引を終了した。売り一巡後、急速に下げ渋る場面もあったが、前引け直前に複数の閣僚から法人税減税をめぐり慎重な発言。その後は再び下落幅が拡大した。日経平均の日足チャートでは、上影陰線が出現。連日の高値引けから一転、上値の重さが鮮明になっている。ただ、下方に空いている窓(13658.86円-13689.49円)の手前で下げ渋っており、事実上「窓埋め拒否」の状態。「窓理論」でも買い継続となっており、依然として強気形状は崩れていない。「閣僚発言」で軸が下向きになった可能性はあるが、現時点では上方向を見るしかないだろう。

「二人の邪魔者」
 もうちょっとで休憩所だというのに、二人の邪魔者が入った。SとAだ。コヤツは敵なのか、それとも味方なのか。近くに神社があったので、参拝して神様にでも聞いてみることにするか。