海洋掘削が反発、インドネシア・ナツナ沖の「HAKURYU-11」の新規掘削工事を受注

 日本海洋掘削<1606.T>が反発。15日取引終了後にインドネシア現地法人を通じてインドネシア・ナツナ沖の「HAKURYU-11」の新規掘削工事を受注したと発表したことを受け、押し目買いが入った。契約坑数はファーム14坑とオプション11坑で、11月操業を予定。受注金額はファームだけで約8500万ドルを見込む。なお、今回の契約は今14年3月期連結業績予想に織り込んでいる。

海洋掘削の株価は9時13分現在6760円(△130円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)