下値を切り下げる可能性=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

下値を切り下げる可能性
ドル/円相場は依然として市場参加者が少ない中で荒い値動きとなっているが、昨日にサポートラインと看做されていた97.50円を割り込んだことで下げ圧力が強まった。
一旦97.00円付近では下げ止まっているが、ここを割り込むと一段と下落基調を強める可能性がある。下げに拍車がかかった場合、8日につけた安値95.80円が次のターゲットになってこよう。

本日については、引き続き株価睨みの展開が予想される。この他、米国で発表される7月住宅着工件数および建設許可件数(21時30分)や8月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値(22時55分)も手掛かり材料となる。