スクリーンが8日続落、岡三証券が業績予想を引き下げ

 大日本スクリーン製造<7735.T>が8日続落。岡三証券が15日付でレーティング「中立」継続、今14年3月期通期予想を連結営業利益で会社側計画の65億円(前期実績48億3300万円の赤字)に対して79億円から69億円、来期予想を101億円から87億円へ引き下げた。SE(半導体機器事業)に関しては変動費の削減などが足元遅れていることを考慮、MP(メディアアンドプレシジョンテクノロジー事業)は欧州の景気低迷や中国の成長鈍化などの影響が見込まれることを指摘している。

スクリーンの株価は10時21分現在443円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)