Jトラスト(8508)、弱気相場が鮮明

1797円が支持線として意識されているが・・・
8/12に窓を空けて下落しており、弱気相場が鮮明になっている。その際、上ひげが出現しており、事実上、この窓埋めを拒否している。「軸下向き」の相場であり、目先は下値を試す動きとなりそうだ。ただ、7/29の安値(1797円)が下値支持線(壁)として意識されているため、一時的なリバウンドはあり得る。その場合でも、上方の窓(1965円-1992円)が強い抵抗帯として機能するだろう。