<私の相場観>=光世証券・市場営業部門トレーディンググループ課長代理 小川 英幸氏

 日本株は出てくる材料に一喜一憂し、動きの激しい展開が継続している。しかし、そのレンジは日経平均の1万2500円から1万5000円の間で動いており、9月の様々な材料を待っている状態と言える。8月末からは9月のイベントに向けた思惑から、動きが一段と激しくなることが予想される。

 最も注目されるのはFOMCで資産購入額の縮小の有無だ。市場では月100億~200億ドルの縮小が決定されるとの意見が多い。この決定を前に一時的に株価が下落する可能性もあるが、縮小が決定されればすぐにその実体経済への影響へと注目は移ると見られ、一段と下落する展開は考えていない。日本の消費増税は、凍結の際の悪影響を指摘する声が多い。しかし増税が決定された場合、消費の落ち込み見通しから当面の株価の上値が重くなるだろう。

 物色先は旧大証銘柄のTOPIX採用、東京オリンピック関連、日経平均の入れ替え、新型iPhone関連などを挙げたい。株価が下がる場面では自動車株など、海外での売り上げが高いセクターを長期保有目的で買いたい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)