PSSが4日ぶりに反発、いちよし経研がフェアバリューを引き上げ

 プレシジョン・システム・サイエンス<7707.T>が4日ぶりに反発し、一時前日比9400円(5.2%)高の19万円をつける場面があった。この日は、いちよし経済研究所が15日付で投資判断「B」を継続しつつ、フェアバリューを15万円から16万円に引き上げたことが観測されている。14年6月期の下期から15年6月期にかけ新製品の発売が相次ぐ見通しであることから、14年6月期は経常損益の黒字転換を見込んでいるほか、15年6月期は大幅増益を見込んでいることなどが要因としている。

PSSの株価は11時30分現在18万1300円(△700円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)