ユナイテッド海が商い増勢で4日続伸、バルチック指数上昇で短期筋の買い加速

 NSユナイテッド海運<9110.T>が出来高増勢のなか4日続伸と上値追い基調を強めている。鉄鉱石や石炭、穀物などを輸送するばら積み船市況を指数化したバルチック海運指数はここ急速反転、15日は31ポイント高で3日続伸と底入れの兆しにある。同社は郵船系のばら積み船主力を主力とする海運中堅で、海運市況の底入れを背景に注目度が高まっている。今期は中古船の売却を進める一方、中長期契約の大型船などを中心に新船20隻を投入、業績は急速に回復に向かう見通し。14年3月期連結業績見通しは従来予想の最終利益35億円見通しから60億円見通しに大幅増額しており市場の注目を集めた。株価は増額修正後にわかに急動意したが、時価は200円未満で値ごろ感が強く、「急騰習性を持つ材料株としてにわかに短期資金の食指を動かしている」(市場関係者)もようだ。7月30日に大陽線でつけた戻り高値187円払拭となれば、人気加速の可能性も指摘される。

ユナイテッド海の株価は12時37分現在178円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)