モノタロウが反落、自動車用ブレーキパッド部品の自主回収を嫌気

 MonotaRO<3064.T>が反落。16日、大引け後に同社が台湾製造業者から輸入し国内で販売していた、自動車用ブレーキパッド部品の一部に、「労働安全衛生法等」で定められた基準値を超える石綿が混入している可能性があることが判明し、自主回収処置を行うと発表したことが嫌気されている。今後、これに伴う回収・交換などの費用や当該商品の在庫処分に係る費用、その他関連する経費などが、特別損失として発生することが見込まれるとしている。一時、先週末比82円安の2690円まで売られたが、その後は戻す動きとなっている。

モノタロウの株価は9時14分現在2751円(▼21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)