日製鋼は続落も底堅さみせる、自動車向け射出成型増産

 日本製鋼所<5631.T>は3日続落となっているが、下げは小幅で底堅さをみせ始めている。株価はここ最近調整色を強めていたが、大勢トレンドは週足で下値切り上げ波動を維持しており、時価は26週移動平均線上との上方カイ離を埋めたところで押し目買いも観測される。主力の原発部材は低迷しているが、自動車分野向けの成形機などに注力してそれを補う構えだ。同社は自動車部品の加工に使う射出成型機を国内で5割増産すると、17付日本経済新聞が報じていることなども刺激材料となっている。

日製鋼の株価は9時10分現在539円(▼9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)