JR西日本は軟調、SMBC日興証は目標株価を5300円に引き下げ

 JR西日本<9021.T>が軟調。SMBC日興証券は16日付リポートで投資判断「2」を維持。ただし目標株価を従来の5700円から5300円に引き下げた。
 リポートでは「月次ベースで公表される運輸取扱収入(他社販売分精算前)の第1四半期増収率は前年同期比1.6%増であったのに対し、決算ベースの鉄道運輸収入(他社販売分精算後のネット収入)は前年同期比0.2%増にとどまった。東京や東北が旅行先として人気化しており、関西から東方面へ向かう東海道新幹線(JR東海)など他社チケット販売分の取扱収入に占めるウエートが高かったことが主因と推測される。当証券では、14年3月期第1四半期決算を踏まえ同社の業績予想を見直し、営業利益予想は14年3月期1250億円から1210億円(会社予想1250億円)、15年3月期1260億円から1220億円、16年3月期1290億円から1250億円へそれぞれ下方修正する」としている。

IR西日本の株価は10時21分現在4215円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)