東京株式・2部(前引け)=2部指数は方向感に乏しい展開

 19日前場の東京株式2部市場は、全週末終値を挟んでの小動きで、方向感に乏しい展開。2部指数は、寄り付き高く始まったものの、その後前週末比マイナスゾーンへと値を消したが、前引けには小幅プラスに転じた。2部指数は前週末比0.12ポイント上昇の3191.62となった。個別銘柄では、Jトラスト、不二サッシ、田淵電、仁丹、Oakが買われている。半面、東理HD、アスモ、コメ兵、マーチャント、稀元素は売られている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)