◎19日前場の主要ヘッドライン

・ネットイヤーが続急伸、日本技芸の子会社化を好感
・DACが3日ぶり大幅反発、9月中間期最終利益予想を上方修正
・陽光都市が5日続伸、アパマンとフランチャイズ加盟契約
・総医研HD急反落、14年6月期経常5%減益見通しを嫌気
・日本トリムが年初来高値、電解水素水の医療・農業分野への展開で人気継続
・バイオ関連軒並み高、投げ売り一巡しリプロセルが牽引役に
・第一パンが続伸、「ポケモンパン」も好調で業績への評価高まる
・重松製が急反発、桜島爆発でマスク需要増に思惑
・昭和シェル、出光など石油株が上昇、原油市況の回復が追い風
・大手ゼネコンが高い、公共事業拡大とオリンピック招致期待で

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)