岩井コスモがシミックの投資判断を引き下げ、業績見通しの不透明感などで

 岩井コスモ証券がこの日の取引終了後、シミックホールディングス<2309.T>の投資判断を「B+」から「B」とし、目標株価を2600円から1500円に引き下げた。主力のCRO(臨床試験の代行・支援)事業は既存案件・新規受注ともに順調だが、他業態が厳しく、同証券予想の13年9月期業績を営業利益で43億円から38億円(前期比3.0%減)に下方修正している。子会社の担当したSMO(臨床支援支援)業務においてデータ改竄が疑われている件については現在調査中であり、調査結果が出るまでは新規受注のための営業を控えていることから業績見通しが不透明として、投資判断を引き下げている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)