アンジェスMGが続伸、「コラテジェン」の国内開発再開を好感

 アンジェス MG<4563.T>が続伸。12日に米提携先のバイカル社が、皮膚がんの一種である移転性メラノーマ治療薬の第3相臨床試験で「効果的な結果が得られなかった」と発表したことを受けて株価は急落となっていたが、下げ止まり感の台頭から自律反発狙いの買いが入っているもよう。また19日には、同社の最重要プロジェクトで日本発の遺伝子治療薬である「コラテジェン」について、政府から薬事法改正案が国会に提出され、その中に遺伝子治療薬の早期の実用化に対応した新たな条件付承認制度が盛り込まれたことを背景に国内開発の再開に着手すると発表しており、これを好感する動きもみられている。

アンジェスMGの株価は11時14分現在5万6800円(△1200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)