住友不は小幅高、三菱UFJMS証は目標株価を4800円に引き上げ

 住友不動産<8830.T>が小幅高。三菱UFJMS証券は19日付リポートで投資判断「ニュートラル」を維持、目標株価を従来の4200円から4800円に引き上げた。
 リポートでは「16年3月期までの中計は、マンションの契約好調、仲介の回復から概ね達成可能とみるが、同業他社に比べて、商業・物流施設など成長分野が少なく、マンション、ホテルなどを除き、アベノミクス効果の恩恵が相対的に小さいと指摘。当証券では15年3月期純利益を前期比2.9%増の700億円(IFIS[アナリスト平均]は732億9200万円)を想定。ただし、目標株価は同業他社平均株価の上昇に伴い引き上げる」としている。

住友不の株価は11時30分現在4265円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)