◎20日前場の主要ヘッドライン

・グリコが急反落、自己株式処分の公募による需給悪化を懸念
・大幸薬品が続伸、9月中間期の経常利益2.0倍予想を好感
・アトムが大幅安、900万株の株式売り出しを嫌気
・キャリアリンクに買い先行、東証2部移行を材料視 
・タケエイは1部値下がり率トップ、公募増資発表で嫌気売り膨らむ
・アドウェイズが続急騰、改めてLINE関連として物色人気高まる
・鴻池運輸が反発、旧村上ファンド絡みのC&Iが第3位の大株主に
・アンジェスMGが続伸、「コラテジェン」の国内開発再開を好感
・JINが3連騰、最先端のアイウエアショップに期待
・江守商事が急反落、公募増資による希薄化を嫌気

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)