日電波工が反落、高温度対応で高精度の水晶発振器を開発と発表も反応は限定的

 日本電波工業<6779.T>が反落。この日の朝方、動作可能温度上限値がプラス105度と高温での使用が可能で、かつ高精度のクロック用水晶発振器「NZ2520SG」を開発したと発表したが、株価の反応は限定的のようだ。現在、サンプル出荷に対応中で、今月中にも量産を開始するとしている。

日電波工の株価は13時22分現在853円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)