HOYAがしっかり、シンガポールの医療機器開発ベンチャーに出資

 HOYA<7741.T>が軟地合いの中にあってしっかり。19日に、シンガポールの医療機器開発ベンチャーであるエンドマスター社に出資することで合意したと発表したことが材料視されている。エンドマスター社はロボットによる低侵襲手術支援システム「MASTER」を開発。これは、内視鏡の先端部に取り付けられた2本のロボットアームを、先端部のカメラからの映像を見ながら遠隔操作するシステムで、手元のジョイスティックコントローラーを用いてロボットアームを医師の手のように直感的に精緻に操ることで、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)のような難易度の高い手術をより正確にかつ安全に行えるよう補助することが可能となっている。HOYAは今回の出資により、内視鏡の新分野の開拓につなげるのが狙いのようだ。

HOYAの株価は13時28分現在2142円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)