「下方ブレイク、軸下向きが明確」

「下方の窓埋めは通過点」
 本日の日経平均は361.75円安の13396.38円で取引を終了した。売り一巡後は一時的に下げ渋る場面もあったが、後場に入ってから下落幅が拡大。アジア株の下落が嫌気され、結局安値引けとなった。インドネシアの株価指数は5%、タイは3%の下落となった。日経平均の日足チャートでは、上影陰線が出現。重要なサポートラインをブレイクしており、軸は完全に下向きとなった。短期的な目標となるのは、下方の窓(13213.55円-13354.70円)であり、あと180円ほどの下落余地がある。もちろん軸が下向きならばこれは「通過点」となり、さらに下押しする展開となるだろう。
「再び崖から転落」
 再び崖から転落した。二度目の正直である。今回は奇跡の復活はなさそう。あとはズルズルとアリ地獄に引き込まれるだけ。地下帝国の入口も、再び姿を現した。