21日の株式相場見通し=海外市場の不安定な動きを受け方向感に乏しく売り優勢

 21日の東京株式市場は、海外株式市場の不安定な動きを背景に、日経平均株価は続落することになりそうだ。20日の米国株式市場は、NYダウ平均株価が前日比7ドル安の1万5002ドルと5日続落となった。取引時間中には7月5日以来の1万5000ドル割れとなる場面もみられた。外国為替市場では、1ドル=97円30銭台での推移となっている。
  日程面では、東アジア首脳会議参加国経済相会合(ブルネイ)、7月の訪日外国人数、7月の白物家電国内出荷、7月の全国スーパー売上高に注目。海外では、FOMC(7月30~31日)議事録要旨、米7月の中古住宅販売が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)