空港施設が3連騰、“特区構想”を材料に上げ足鮮烈

 空港施設<8864.T>が3連騰、株価を800円台に乗せてきた。羽田空港跡地に国家戦略特区構想が浮上しており、特区構想の恩恵を受けるとの見方で物色人気が続いている。同社はJALとANAが大株主で、発行株数5400万株と小型にして浮動株比率はわずかに7.2%。品薄感から需給相場の資質を持っていることが、短期筋の食指を動かしている。

空港施設の株価は9時48分現在807円(△42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)