神戸物産がしっかり、7月の個別営業利益48%減も連結ベースは堅調に推移

 神戸物産<3038.T>がしっかり。20日取引終了後に発表した7月の個別売上高は7.6%増の147億1700万円ながら、営業利益は47.9%の大幅減益になったが、フランチャイズチェーンを含めた連結ベースの利益は堅調に推移しており、特に悪材料視されなかった。7月の月次売上高は既存店が前年同月比1.9%減少したものの、全店売上高は2.0%の増加している。「業務スーパー」の新規出店が直轄エリアで2店舗、地方エリアで1店舗あり、総店舗数は全国で645店舗になった。

神戸物産の株価は11時16分現在2413円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)