アーバンライフが出直る、新規分譲マンションの寄与に期待

 アーバンライフ<8851.T>が一時22円高の118円まで買われている。今14年3月期は第1四半期(4~6月)連結経常利益で9600万円(前年同期比4.6%減)と減益になっているが、通期では4億円(前期比13.0%増)の期初予想を変更しておらず、業績への過度な不安感は後退している。不動産賃貸では転貸物件の賃貸契約終了などが、減収の一因になっているが、分譲マンションでは神戸の「ジオ六甲道レジテンス」など新規物件の寄与が期待される。

アーバンライフの株価は13時12分現在98円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)