7月の全国スーパー売上高、前年比0.5%減

 日本チェーンストア協会が21日発表した7月の全国スーパー売上高は1兆789億4132万円で既存店ベースでは前年同月比0.5%減少した。食料品は、農産、畜産、水産は好調だったが、衣料品は天候不順もあり夏物肌着などが不調だった。また、家電製品も不振だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)