山崎パンが3日続落、SMBC日興が投資判断を引き下げ

 山崎製パン<2212.T>が3日続落。この日は、SMBC日興証券が21日付で投資判断を「2」から「3」とし、目標株価を1220円から1000円に引き下げたことが観測されている。14年12月期以降の政府麦価の算定根拠に用いる小麦価格の前提を引き下げたことで、値下げによる売上高予想を減額修正したことが要因。値下げの際には限界利益を増やすために販売数量を重視しがちになることから、無理な販売数量増施策を採用し、かつ販売数量増に伴う物流費などの販売経費の増加に結び付きやすいと指摘している。また、連結子会社でコンビニエンスストア向けに惣菜類などを製造販売するサンデリカの13年12月期以降の営業利益予想を10億円ずつ減額修正したことも、業績予想の減額修正につながった。

山崎パンの株価は9時25分現在1082円(▼30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)