政府要人のリップサービス的な発言に要注意

今日の日経平均株価
・注目のFOMC議事録では、大きな材料とならず、NYダウの15,000ドル割れから、安く始まりそうです。安倍首相が夏休みから帰ってきますので、基本は売り先行ながら、政府要人の発言で急反発の可能性もありそうです。上下どちらかに決めうちせず、柔軟に相場についていくのが良さそうです。

マーケットの注目ポイント
・福島原子力発電所の汚染水の問題がドンドン大きくなってきています。外国人にとっては、この問題は日本株売りの大きな材料となります。汚染水関連のニュースには、ご注意を。
・今日からブルネイでのTPP交渉、安倍首相の夏休みも終わり、消費税増税前の株安に対してはなんらかの政府要人のリップサービス的な発言の可能性があります。反発のきっかけを探していますので、意外に大きく反応する可能性があります。

データ
日経平均株価
始値 13431.28 高値 13499.99  安値 13250.36
終値 13,424.33  +27.95 +0.21%

ダウ:14897.55ドル -105.44(-0.70%)(6営業日続落)
ナスダック:3599.79ポイント -13.80(-0.38%)(2営業日ぶり反落)
S&P総合500種:1642.80 -9.55(-0.58%)(2営業日ぶり反落)
CME225(9月限):13315円(大証先物比-85円)大証先物13400円
CME225円建て(9月限):13305円(大証先物比-95円)
(速報値と確報値に違いも出ることもあります。)
ドル/円:1ドル=97.74円
ユーロ/円:1ユーロ=130.531円  

直近日経平均10日間星取り表
●○●○○●●○●○

東証1部 33業種別ランキング
ベスト3
空運業 194.99 +1.38%
機械 1,221.48 +0.99%
精密機器 2,898.11 +0.79%
ワースト3
パルプ・紙 333.48 -1.70%
水産・農林業 261.20 -1.73%
電気・ガス業 432.68 -2.54%

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。