東燃ゼネは軟調、SMBC日興証は投資判断「2」に引き下げ

 東燃ゼネラル石油<5012.T>が軟調。SMBC日興証券は21日付リポートで投資判断を従来の「1」から「2」に引き下げた。ただ目標株価1000円は据え置いている。
 リポートでは「13年12月期の営業利益は580億円を予想する。在庫評価益250億円とのれん償却170億円を控除した調整後営業利益は前期比186億円増益の500億円を予想。石油製品部門では、経費減など効率化の進捗を主因に前期比35億円増益の350億円を予想する」としている。

東燃ゼネの株価は10時4分現在879円(▼16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)