アルチザがS高カイ気配、中国版LTE年内始動と報じられ恩恵に期待大

 アルチザネットワークス<6778.T>がストップ高カイ気配。きょう付の日本経済新聞で、「中国が、高速通信の可能な第4世代(4G)携帯電話の商用サービスを年内に始める」と報じられたことを手掛かり材料視。記事によると、中国移動通信集団など携帯大手3社は2014年にかけて、中国全土に50万カ所以上の通信基地局を新設し、今後4~5年間の投資額は8兆円規模に上る見通しとしている。これにより、中国向けの基地局向けの通信計測器で実績の多い同社にもメリットが大きいとの見方が広がっているようだ。

アルチザの株価は10時9分現在3万8300円(△7000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)