大手トラック株の下げ続く、東南アジア市場の不透明感残る

 日野自動車<7205.T>、いすゞ自動車<7202.T>といった大手トラック株は連日の下げ基調。いすゞは一時、前日比19円安の582円まで売られ6日続落、前日に小幅高だった日野自動車はこの日は一時前日比83円安の1241円まで下落している。インドネシア・ルピアの下落が続いており、今後の東南アジア市場の変調を懸念した売りが続いている。インドネシア・ルピアは21日に1ドル=1万999ルピアまで下落。2009年4月以来、4年4カ月ぶりの水準に下げた。この日も1万700ルピア前後で推移している。通貨安は物価上昇などを通じた景気後退につながりかねないだけに、東南アジアでの販売好調が続く大手トラックメーカーの不安材料となっている。

日野自の株価は10時6分現在1242円(▼82円)
いすゞの株価は10時6分現在584円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)