日清粉Gは軟調、SMBC日興証は目標株価を1270円に引き下げ

 日清製粉グループ本社<2002.T>が軟調。SMBC日興証券は21日付リポートで投資判断「2」を維持。ただし目標株価を従来の1390円から1270円に引き下げた。
 リポートでは「14年3月期について、パスタやパスタソースなどの加工食品の売上高が従来予想ほど拡大しないことに加えて、15年3月期以降、政府麦価の予想を引き下げた結果、小麦粉の販売価格前提も引き下げたことが減収の要因となっている。利益面についても、14年3月期以降の製粉事業の第1四半期に同社が製粉事業の販売施策費を前年同期から6億円増額修正したことを背景に、営業利益予想を従来の238億円から230億円(前期比5.8%増)に下方修正した」としている。

日清粉Gの株価は10時30分現在1098円(▼33円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)