日立が約5カ月ぶり600円台割れ、日立ビアメカニクス売却発表も反応なく

 日立製作所<6501.T>が3日続落し、約5カ月ぶりに一時600円台を割り込んだ。21日に日立ビアメカニクスの全株式をロングリーチグループに売却することで合意、株式譲渡契約を結んだと発表したが反応はなく、軟調地合い継続に伴う手じまい売りに押されている。プリント基板加工機と周辺機器の製造・販売・サービスを行う日立ビアメカニクスの業績安定化、拡大を図るためには、プリント基板加工機で世界トップのロングリーチグループの傘下で抜本的な経営改革を図ることが必要と判断。日立は日立ビアメカニクス株式売却により、経営効率化と財務基盤の強化を図る。

日立の株価は10時58分現在601円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)