国際帝石は堅調、野村証券が目標株価を69万6000円に引き上げ

 国際石油開発帝石<1605.T>は堅調。一時、前日比9500円高の43万5000円まで買われている。野村証券が21日付のリポートで、投資判断「バイ」を継続しながら、目標株価を従来の68万4000円から69万6000円へと大幅に引き上げている。
 リポートでは「原油高により、14年3月~16年3月期の野村の純利益予想を上方修正し、目標株価も小幅引き上げた。エジプト問題など地政学的リスクが懸念される中でも、原油価格の上昇は緩慢で、同社株価もほとんど上昇していない。米国での原油(主にタイトオイル)増産による原油の供給過剰懸念に加え、非FTA(自由貿易協定)国向け米国産シェールガス輸出が今後も許可される可能性といった要因が株価へ影響していると推察される」としている。

国際帝石の株価は11時30分現在42万9000円(△3500円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)