不二サッシ(5940)、テクニカルの壁が出現

一時的に下方の窓を目指す展開か
一時429円まで上昇する場面もあったが、その後はやや伸び悩んでいる。ローソク足では出来高を伴った上ひげが出現しており、ここにテクニカルの壁が出現したようだ。短期的には下方の窓(277円-292円)の窓を埋めやすく、いわゆる「振るい落とし」が行われる公算が大きい。それでも軸は上向きであると思われ、売り一巡後は押し目買いが優勢となるだろう。