東光が続伸、年初来高値更新を指呼の間にとらえる

 東光<6801.T>が続伸、時価は上向きの5日移動平均線の上にある強い足で、5月21日につけた年初来高値338円払拭を指呼の間にとらえている。同社が手掛けるスマートフォン、タブレット向けコイル「パワーインダクター」の受注拡大が加速しており、これに合わせ同社では需要の増加に対応して生産増強に積極的な姿勢をみせている。好環境を享受して13年12月期通期の業績予想を従来予想から大幅増額、売上高は従来予想の306億円から324億円に、また営業利益は23億円から31億円に修正している。

東光の株価は14時8分現在335円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)